目元のたるみが気になったら整形施術で若返ろう!

女性

まぶたを上に持ち上げる

目元

眼瞼下垂の名医を選ぶ際は、いくつかのポイントを参考にしながら安全に治療が受けられるクリニックを選ぶと良いと言えます。いくつかある治療法の中でも、特に埋没式挙筋短縮法がリスクが少ないので人気を得ています。

もっと読む

顔の印象を良くする為に

美容整形

切らない施術法

目がたるむと、老けて見られたり顔に暗い印象を与えます。たるみの原因は様々で、老化で皮膚の中のヒアルロン酸やコラーゲン失われることで起きたり、目の下の脂肪が膨らむことによっても起こります。瞬きや化粧品が影響することもあります。整形で目のたるみを改善するには、たるみの原因となる脂肪を除去する、脱脂術を施すのが一般的な治療法です。経結膜脱脂術と呼ばれる、下の瞼の裏に小さく穴を開けて脂肪を取る術法は、皮膚にメスを入れないことから人気があります。しかし、脂肪を取るとその箇所が凹んでしまうというトラブルを起こす場合もあるので、脱脂の後には必ず、凹みの部分に脂肪を注入します。軽い症状だと、ヒアルロン酸やボトックスを注入するプチ整形でも改善できます。

施術後の回復具合

美容整形で目の下のたるみを治すための施術法ですが、たるみは、骨の位置や皮膚の状態によって異なるので、それに応じて施術を変える必要があります。では、治療後の経過にはそれぞれどのような特徴が見られるのでしょうか。これをダウンタイムと言いますが、最もポピュラーな施術の経経過脱脂は、皮膚を切らないため術後の経過が良好な場合が多く、ダウンタイムは短めです。効果は一時的でも、体への負担がかからなくて済むプチ整形では、ダウンタイムがほぼないため、施術後すぐのメイクが可能です。整形効果をいち早く実感できます。皮膚を切る施術の場合は外科治療となり、ダウンタイムが長めになりますが、イメージ通りのたるみ取りを行なうのには、うってつけの施術です。どちらが自分に適した治療なのかしっかりと検討した上で、施術を選択することで、施術後のトラブルを回避できます。

ウルセラの特徴

美容整形

ウルセラシステムはクリニックの最新たるみ治療です。筋肉まで達する超音波のエネルギーがコラーゲンを増産して筋肉を引き締め、たるみを根本から解消してくれます。メスを使用しないので、切らないフェイスリフトとも言われています。

もっと読む

外見の悩みをお持ちの方に

カウンセリング

最先端の美容医療を受けることができる美容外科が神戸には多くあります。美容外科では、二重整形やしわ取り、豊胸や痩身などの美容整形を受けることができます。美容上のコンプレックスがある方には、無料カウンセリングがおすすめです。

もっと読む